RAILPHOTO@そんちょ。のキヲク

ときどき駿豆線、ときどき御殿場線、ときどき更新

ホーム > アーカイブ - 2010年08月

まばら

100826.jpg

最近、秘かにお気に入りの路線になった駿豆線。

さすがに、夜も遅くなれば乗客もまばら。

静かに出発の時刻をまちます。

10.8.25       駿豆線     (デジタル)

スポンサーサイト
[ 2010/08/26 22:15 ] いずっぱこ | TB(0) | CM(5)

国鉄色の北近畿 

100822.jpg

遠征では久々にリバーサルフィルムを使ってみました。

現像が仕上がるまでは、

自分の撮ったときの

「やった!!」

という感覚しか手元に残りません。


待ちに待った国鉄色がやってきました。

手持ちで1V(←僕の銀塩カメラ)のAIサーボAF(オートフォーカスの種類)を

信用して撮影して撮影してみました。

ファインダー視野率100%のカメラって

手持ちでアングルを作るときにもありがたみを実感しますね。


天気こそ悪かったけど、

僕の記録としてはこの1枚は満足のできるものになりました。

こんな機会がないと関西に行くこともありませんから。

遠征の企画から実行に至るまで

様々な面で支えてくれた仲間に感謝です!!


10.8.14   福知山線    (銀塩)

[ 2010/08/22 23:36 ] その他 鉄道写真 | TB(0) | CM(4)

トンネルから

100815.jpg

お盆休みは久々の遠征で関西へ。

天気こそ良くなかったけど、

普段は撮影できない車両をイロイロ撮影できて大満足です。

こう撮りたい!!といういう理想は各所あったけど

天気もろもろの条件がそろわないことが多かったなぁ。

こればっかは運だし。

普段は御殿場線を撮影していて、

いろいろと恵みを頂いているので鉄の神様には文句も言える立場ではないね。

いつも思うけど、

自分の理想の条件がいつも揃ってしまうと自分にとっての傑作の意味がないですね。


僕は晴れている日の光景も好きだけど、雨の日の絵も好き。

雨あがりの朝に、トンネルから出てこようとする「はまかぜ2号」を撮影してみました。

この遠征の作品のお気に入りのうちの1枚です。

10.8.14    山陰本線   (ディジタル)


[ 2010/08/15 22:53 ] 山陰本線 | TB(0) | CM(5)

ドクターイエローを流す

100811.jpg

今日の沼津界隈の天気予報は終日雨。

見事に外れて、午後から晴れ間が覗く。

ってことで、ロケハンがてら撮影開始!!

いつものように、あさぎり狙いで御殿場線に。

場所によって天気が全く違い、

晴れてるとこ、曇ってるとこ、雨降ってるところと様々。。。

無難に撮影は終了し、今日はドクターイエローの検測日なので

前回撮影した場所と同じ場所へ。

前回は写し止めたので、今回は流し撮りで挑戦することに。


結果はご覧の通りでございます。


10.8.11 東海道新幹線    (デジタル)

[ 2010/08/11 21:02 ] 東海道新幹線 | TB(0) | CM(6)

夏富士@御殿場線

100807.jpg

本当は今日は別の予定が入ってたけど、

諸々の理由で行けなくなってしまったたので

昨日の夜からノープラン状態。

昨晩の静岡県東部の天気予報は、

「 晴れ、朝晩は曇り 」= 「富士山は見えない」 かつ 「朝練の必要なし」

それだけ確認して就寝。

撮影に行ける日には、富士山ライブカメラをチェックするのが僕の日課。

朝、はっと目が覚めて念のため富士山をチェックすると。。。

しまった!!見えてる。

冬場の僕の富士山予報は勝率90%(たぶん)

僕の予報は見事に外れ、慌ててカメラバックを持ってハンドルを握り北へ。

勝負は8時頃まで。

夏場はこの時刻をすぎると急激に雲が湧いてくる恐れがある。(前回の経験談)

1分1秒を争う事態に勝手に突入し、たぶん安全運転で現地到着。



青々と育った稲が広がる向こうに夏富士。

朝の日差しを浴びて313系が国府津を目指します。


10.8.7   御殿場線   (デジタル)

[ 2010/08/07 23:34 ] 御殿場線 | TB(0) | CM(4)

番外編 狩野川花火大会

100801.jpg

この週末、沼津では毎年恒例の

狩野川花火大会が行われました。


いつ列車と花火のコラボを撮影することになるか

分からないので練習もかね撮影に。

書くまでもなく花火撮影は初心者マークです。

ともかく上から撮りたいと思い香貫山(かぬきやま)に向かってました。
(人混みはキライなので。。)

この花火大会を撮り続けているベテランの方に、

お話を伺いながら撮影してみました。

奥深き花火撮影、プロがいらっしゃるのも納得の撮影になりました。


香貫山からは市内を展望できます。

山の中腹には、戦没者の慰霊のための五重の塔があり、

この五重の塔は沼津市のシンボル的存在になっています。(だと思っています。)



そんなシンボルと打ち上がる花火を一緒に。



63回目のこの花火大会、今年も例年通り開催されました。

いつまでも「 平和 」でありますように。


10.7.30   沼津市内

[ 2010/08/01 22:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)