9311Mの思い出 RAILPHOTO@そんちょ。のキヲク

ときどき駿豆線、ときどき御殿場線、ときどき更新

ホーム > アーカイブス > 9311Mの思い出

9311Mの思い出

100715.jpg

9311Mこと大垣夜行救済臨の回送列車。

昼間にこの165系の9連が東海道本線を下る姿は回送列車といえど圧巻だった。


当時、中学生だった僕は自転車で行ける範囲で何とか撮影しようと必死だったなぁ。

もちろん、どこぞへ行けば綺麗な編成写真が撮れるとかいうのはあった。

しかし、当時は許されてなかったので

沼津駅界隈が僕にとっての格好の撮影ポイント。

このときすでに神領の165系も末期だった。

ホントはもっともっと165系を撮りたかったな。

急行東海の165系の引退した東海道本線で、

唯一の撮影できる165系の列車で大好きだった。

今となっては、笑ってしまうような写真のオンパレードだけど

この回送列車を知ってから運転日の度に撮影したことはいい思い出です。


タイムマシーンがあったら撮りたい被写体です。

スポンサーサイト
[ 2010/07/15 23:59 ] アーカイブス | TB(0) | CM(3)
やはり165系の現役時代を知らない物にとってはどんな場所でも素晴らしく見えてしまいます。
今は富士急行にお下がりがありますね。
内装はしなの鉄道の169系が現役時代を思い起こしてくれるのでは?
[ 2010/07/16 18:12 ] [ 編集 ]
うろ覚えですが僕も当時、この列車を見ていた記憶があります。

まだ幼かったので、もちろん列車番号なんてのもわかってはいませんでしたが
子供ながらに
「普通電車と色は同じでもなんか違うなー」
なんて独特の雰囲気?を感じ取ってました(笑)

ほんの少し前のことだと思っていたのに
こうやって改めて思い出してみると
行き交う列車や運行体系は
結構変わってしまっているものなんですよね!
[ 2010/07/16 20:56 ] [ 編集 ]
>hatukari583さま

ちょうど知らない世代になるんですね。
富士急行にいるアイツは、
形式こそ165系でも、外装内装ともに全く
異なっていますね。アイツも東日本で活躍
していた頃はまともだったと感じるのは
僕だけでしょうか?
どちかといえば、後者のしなの鉄道の元169系が
この165系に近いですね。
東日本での活躍していた頃が目に浮かびます。
リバイバル塗装にしたときに行けなかったので
もう一度お願いしたいところですが・・・。

>pepeさま

pepeさんの記憶のなかにも165系が居るようですね!
前面の独特の塗装で、
113系や115系と見分けがつきましたね。
上部がオレンジ色をしているが、印象的な車両ですね。

知らぬまに、身の回りの鉄道は変わっていきましたね。
湘南電車がいつのまにかなくなり、
ステンレスの車両が路線を占拠している。
もうステンレス車両が日常になってしまいましたね。

きっとまたこのステンレス車両がいなくなるときに
同じことを考えるのかなぁ、
なんて思ってしまいます。

[ 2010/07/17 11:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する